iPad卒業証書

東京の多摩市立愛和小学校の8人の卒業生に「iPad卒業証書」が贈られたそうです。「今の時代にあっていて面白い」という声もある一方、12年後まで開けないタイムカプセルメッセージなど「そのころiPadは使えないのでは?」といった声もあるそうです。
同小学校は去年4月に開校し、全校生徒は約150人。校長は「1人1台のiPad」を掲げ、3Dプリンタを用いた授業など、ITやテクノロジーを活用した教育手法に積極的に取り組んでいるそうです。今回のiPad卒業証書は「3月に巣立つ初めての卒業生のために、思い出に残る何かができないか」ということでプロジェクトが始まったそうです。どんな卒業式にしたいかを6年生とアイデアを出し合ったり、クリエイティブについて学ぶ授業を通じ、いくつかある案の中から決まったのが「iPad卒業証書」でした。iPadは授業で使っていましたが、学校に備え付け。児童が卒業後も学びたいとき、新しいことに取り組みたいときに手元にiPadがあれば…と考えたそうです。問題となったのは「iPadをどこから調達するか」ということ。卒業生8人とはいえプレゼントするには難しい金額。そこで、卒業生に完全に譲渡できるように、企業の協賛などではなく使っていない中古の実機を集めたそうです。
iPadの画面に並ぶ専用アイコンはタップするとWEBページにつながり、卒業生8人それぞれに向けた手書きのメッセージが教職員やクラスメイト、下級生から寄せられており、プリセットされた収録コンテンツは卒業生1人1人のために作られたオリジナルのものだそうです。将来の自分に向けた3年後、6年後、12年後二しか開けないタイムカプセルメッセージもあり、これもクラウド保存されURLで閲覧する方式とのこと。「その頃はもうiPadを使っていないのでは」という声も折り込み済みで、他のデバイスからも閲覧できるように設計しているそうです。卒業生にはプロジェクトメンバーの個人的な連絡先も伝えているそうで、いずれ彼らがWEBやITに興味を持つことがあれば”人生の先輩”として連絡や相談を受けられるように、という思惑もあるそうです。
時代の流れに乗ったユニークで子どもたちにとってもプラスとなる素晴らしいアイデアですね。