レーザーメスが施術中に出火?

今年4月15日、東京都医科大学病院でレーザーメスを使用した手術中、患者にかけられていた布が燃え、患者や火傷する事故が起きていたことがわかった。
警視庁新宿署は業務上過失傷害容疑で調べている。レーザーメスと出火との関係は分かっていないが、故障や間違った使い方のせいで火がでた可能性もあるとのこと。
出火後、医師は生理食塩水で消火にあたったが、女性は腕や足などにやけどを負った。女性は重傷で1ヶ月以上たった今もまだ入院中だが、命に別条はない。
病院は患者側に謝罪し、厚生労働省関東信越厚生局などに事故を報告し、第三者による調査委員会を設けて調査し、現段階では「調査結果が出た段階で、経緯を公表する方向で準備を進める」とコメントしている。
レーザーメスは熱の作用により止血をしながら切開することができ、電気メスに比べて負担も少なくスムーズに扱えるため幅広い分野で使用されているという。
誤作動か、何か間違えたのか。調査結果を待とう。

尾野真千子・江口洋介と夫婦役

女優、尾野真千子が7月スタートのテレビ朝日系、木曜日9時放送予定の主演ドラマの「はじめまして、愛しています。」で俳優の江口洋介と初の夫婦役を演じることが分かりました。
特別養子縁組をテーマにした作品となっており、脚本を手掛ける遊川和彦氏は尾野の才能をさらに引き出すため、難しい芝居を要求すると宣言しているといいます。
脚本家Vs主演女優のバトルを挑まれた尾野は「挑戦することによって燃える」と受けて立つ覚悟。
大ヒットドラマである、「家政婦のミタ」の脚本で知られる凄腕の遊川氏からの“挑戦状”に対して、尾野の女優魂が燃えています。